スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
video -"LOVE LOVE ROBOT- junky of happiness-"

http://youtu.be/OdTLdjljo4E


2011年スターダンサーズ・バレエ団公演
"Love Love ROBOT 幸せのジャンキー"
振付:遠藤康行

音楽:LOVE LOVE BAND
平本正宏:compose, keyboard, laptop
大和田俊:laptop
関口将史:cello
権頭真由:accordion, vocal
中村大史:guitar, vocal


今日、youtubeにupされたこの公演が行われたのは2011年3月12日と13日。

前日の3月11日。
その日は夜にゲネがあるにもかかわらず、僕は横浜のホテルでギターを弾いていた。

その瞬間、激しい目眩かと思ったその揺れは、僕らの世界を変えた。


演奏を終え、控え室でしずかに事の様を見守っていた僕のもとに、どの手段かは忘れてしまったが、かろうじての一報が届いた。

「大丈夫ですか。ゲネは来られる人で行い、明日の公演も予定通り開催するそうです」

僕は歩いて帰ることを決意し(途中で復旧した東横線のおかげで覚悟していたよりも早く、それでも到着は夜中だった)、当時のルームシェアだったバンドメンバーや関西から来ていたバンドのみんなとの安堵の再会も程々に、次の日の公演の準備を済ませ、不安を振り払うかのような賑やかなリビングを横目にひとり床に就いた。


この公演のことは、実はほとんど覚えていない。
勿論意識の深くから引き上げられる景色はあるのだけれど、それに伴う感情がからっぽなのである。

それだけ、ただでさえ並々ならぬ集中力を持って臨まねば成せなかったこの公演を、あの状況で体現するには、それこそ自分自身を停電させるくらいの切り替えが必要だったのだと思う。


奇しくもテルアビブにて毎日ダンサーの身体と向き合い、アスリートにでもなった気分で集中力をコントロールして舞台と日常を交差している日々の夜、この映像に触れてよみがえる感覚は、とても愛おしく、忘れていた風景に偶然出会えたかのような不思議な幸福感です。

| 中村大史 / hirofumi nakamura / annie | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 01:10 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Profile

Link

Entry

twitter

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Comment

Archives

Category



ブログパーツUL5

Sponsored Links